所持品での優越感は諸刃の剣、こんな話になるかも?

人生の勉強

あるかもね?ストーリー!

念願の夢であった豪華客船の船旅にやっと行けることになった!

近所では金持ちであったのでいつもいろんなもので自慢していた。

もちろんそれで自分は尊敬されると思っていた。

そして豪華客船でいつも近所で見せつけている自慢の100万円腕時計を隣人に披露すると!

隣人の腕時計は1千万円と言われ、更に1千万円の時計などたいしたものではないと笑っていた。

すると反対側の隣人は1億円の腕時計と見せてきて、1億円の時計などたいしたものではないと笑っていた。

100万円の腕時計が自分のよりどころだった故 帰宅後腕時計を外すことに、

そしてその後は所持品などで自慢することは一切なくなったとさ!

人の価値はものではないです人自身です。また判断するのは自分ではなく他人ですね!

コメント