言ってしまった一言のこうかい。こうかいをなくす方法!

ブログ

いってしまった一言を後悔したことはありませんか?恐らくこんな時の一言が後悔の原因ではないでしょうか!例(アセっている時、イライラしている時、討論している時など)

なぜこのような時の一言で後悔する事が多いのでしょうか?答えは簡単ですね!冷静でないからです。冷静でない時は言動だけではなく、全ての事柄で失敗する可能性を高めます。言動では怒っている時や討論などでヒートアップをすると冷静さを失い思っていても言ってはいけない又は言うべきではない言葉を放ってしまいます。

怒っている又はヒートアップをしていると自覚したら、まず2秒でかまいませんので目をつむり深呼吸をして心で唱えましょう!(私は冷静です。)すると怒りやヒートアップの度合いが一気に下がります。大事なのは次に発言する言葉を発する前に頭で考え、相手にとって良い言葉か発展性のある言葉かを確認しましょう。簡単に言えば今放つ言葉を自分が言われたらどう思うかを想像するのです。学校や会社、恋人や夫婦、サークルや習い事など全てにおいて交流とは言葉のキャッチボールです。相手が受け取りやすいように投げるのが基本です。

面白い例があります。プロ野球の試合でよく見るのが、ピンチの時に皆が落ち着こうと言い合います。本当に落ち着け冷静になれるとピンチを切り抜けるこがあります。

人間関係をえんかつに進めていくのには冷静さが重要ですね!

コメント