海外は物価が安いから生活しやすい?

ブログ

発展途上国では一般的に物価がとても安いです。ただ日本も通ってきた道ですが経済が発展するとともに物価は上昇してしまいます。経験から言うと私が住んでいた上海のアパートは毎年賃料が上がり、また中国人にとって重要な豚肉も10年で急騰しています。方や10年前はマクドナルドが高級店でしたが今では日本と同じく安く食べれるファーストフード店となりました。伝えたいのは物価上昇スピードが日本よりもはるかに速いということです。

同じく東南アジアでリタイアを考えている場合は今の物価だけ考えるのは危険です。リタイヤは貯蓄を切り崩していくのが一般ですので、最初の物価の計算でいると5年後、10年後は予定と全くあわなくなってしまうからです。今後の物価上昇も予想し計算しておく必要があるのです。老後を物価が安い国で楽しく過ごそうとしていたのに節約をして暮らしていかなければならないのは本末転倒ですよね!

 

コメント