以前勤めていた中国工場の写真です

お食事
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
以前勤めていた中国工場の写真です。
お昼になると食堂に千人以上の工員が一気に流れ込んでいます。
チャックしていないと我先にと騒乱状態になり、列をつくることはありません。
食事をもらえた人が席に戻れず、スープの大半をこぼしてしまうのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食事は食べれる量以上、大量にごはんやおかずをによそいます。

残しても罪の意識やもったいない意識がありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてお昼が終わった後は食器が散乱。

チェックしてなければかたずけはしません。次の交代でしょくじする人の事は考えないです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残飯は1回のお昼でリヤカー1台分

上手によそえばこれだけ残飯はでません。当時田舎ではまだ食料不足あることがありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは食堂での風景ですが、高級レストランでも同じ事がおこります。

食べきれない量を出さないと相手に失礼という考えがあるのです。

レストランで接待を受けたことが何度もありましたが、地獄でした。

皆さんも大食い選手権を見たことがあるとおもいますが、一般人は食べれる量が限られています。

食べきれない量をテーブルいっぱい出されて、食べろ食べろと言い続けられるのは苦痛でもなんでもありません。

私が取った秘策は、エビが大好物だと宣言したのです。ゆでたエビは皮をむくと身がちっちゃいのです。そして皮をむいている時間も食べているうちに含まれるため、食べろといわれても食べてますと回答ができるのです。

皆さんも中国の接待には気を付けてくださいね!

 

コメント