自分はどんな人間になりたいか?出会った人物からのヒント

ブログ
自分はどんな人間になりたいか?
子供のころから今まで何度か考えたことはあると思います。
しかしながら恐らく、今の自分はなりたい人間になれているかと考えた人は少ないでしょう。
そしてもう一度改めてどんな人間になりたいか考えると、今まで出会った人物からもヒントがあるかもしれません。
それはどんな人でしょうか?
おそらく自分の話をちゃんと聞いてくれた人ではないでしょうか?
自分の話をよく聞いてくれた人間の話はおのずと、その方の話も良く聞こうとする心が芽生えます。
自分の話を聞いてくれない、理解してくれない、否定ばかりするタイプの人間は尊敬しませんし、反対にこのタイプの話に耳を傾けようとはしません。
つまり今現在に自分が親ならば子供に、上司だったら部下の話をちゃんと聞いてある人間になると良いかもしれません。
そうすれば相手もあなたの話を真剣に受け止めてくれるはずですよ!

コメント