長所を褒めてから短所のしてきが順番です!

ブログ

人には必ず長所と短所があり、本当は人の長所を見つけ伸ばしてあげるのが良いのですが、他人は人の長所よりも短所が目につき気にする傾向があります。

人の短所で注意しなければならない時は、先ず長所を褒めてから次に短所、治したほうが良い所を伝えます。 すると伝えた相手側は意外と受け入れてくれます。

短所を厳しく伝えるだけでは反感が生まれてしまいまい素直に忠告を受け入れてくれなくなります。また人間関係もギクシャクしてしまうのです。

皆さんもそのような経験はありませんか?褒めてくれた人のいう事は聞き入れ、誉めてくれた人には協力する姿勢が生まれてきたはずです。ここでの注意はおべっかとは別物です。その区別は褒めるにあたっての理由を伝えることが大事なのです。

伝える順番、伝える内容はとても大事ですね!

コメント