気付き(腑に落ちた時)に人は成長できる!

ブログ

人が本当に理解できるのは腑に落ちた時です。 相手に どんなに説明や説得しても納得や理解できない 自分に どんなに説明や説得されても納得や理解できない事があります。これはとても重要なことで皆経験していることだと思います。

一つは経験から気づきにつながるものがあり、それが大きな失敗です。人の意見を聞かず大きな失敗、チャンスを逃すなどしたときにあの時に人の意見を聞いておけばとなるのです。故に若うちはたくさん失敗したほうが良いと言われてるのです。大概の人間は若いうちの過ちを経験したことにより徐々に冷静に人の意見も取り入れ分析できるようになるのです。

もう一つは自分を知るという事です。人の事は良く観察しているが実は自分の事は分析しておらず自分がどのような人間かわかっていない、又は間違った認識をしているのです。この時自分がどのような人間か分析し理解した時、気づきにより冷や汗を感じる事となるのです。(そうだったのかー)

人間関係でも気づきがとても重要です。人の分析と同時に自分の分析をしてみるべきなのです。

コメント