海外リタイアメント

ブログ

海外リタイアメントが人気を誇っています。中には会社を定年退職した後に夢の海外リタイアメントを計画している方もいるのではないでしょうか?退職して会社の人間関係から解放される夢の始まりだと思っている皆さんはちょっと待ってください!

実は海外リタイアメント先での日本人同士の人間関係は日本にいた時以上に面倒なことが多いらしいです。日本人は日本人とつるむ傾向が強いのです。島国のせいでしょうか、外国人に自ら溶け込もうとはしません。同じ価値観の日本人と釣りみたがるのです。そうする外国なのに日本人のコミュニティーが出来上がり日本人だけで集まってしまうのです。せっかく日本のご近所づきあいなどから解放されたいと思っていたのに海外でも同じことが起こってしまうのです。

また海外では以前の地位は全く関係ありません。以前大企業で部長をやっていたなどと言っても海外リタイアメントは全く関係ないのです。(日本でも同じですけど!)定年前は凄いと褒められていたのですがリタイア後は全く関係なく皆平等です。ところがそこを上手に切り替えない人が多いのです。そしてリタイア先の日本人コミュニティーで威張ってしまい相手にされなくなってしまうケースも多いのです。

リタイアメントの多くが夫婦で来られる方が多いです。しかし中には夫または妻のどちらかが海外に順応できずストレスを抱えてしまうこともあるのです。それが進行して夫婦のどちらかが帰国してしまうケースもあるのです。

つまりリタイアメントをする前にプチリタイアメントをしたほうが良いのです。1か月~3か月その地に住み、先輩のリタイアメント者からの話を聞いてから行動に移しても遅くはありません。いきなり家を売ってしまうのはリスクが高すぎです。是非慎重に進めてくださいね!

 

まずはその年齢によるものがあります。50歳を過ぎると固定観念ができているため柔軟な考えができにくいそうです。それ故人に合わせようとするのが難しくなります。

何故?日本人は結局日本人とつるむから!

 

 

コメント