格安航空会社の落とし穴

旅行

とにかく航空券が安いと思ったら、あれれ!時間帯が早朝や深夜、よって空港アクセスがない。荷物の重量制限が少なく、荷物の超過料金は思った以上に高額なため多い場合は通常航空券と同等価格になってしまう。(本末転倒だ!)

航空券は燃油サーチャージが別途、チケット代と合計すると意外と高いので総合価格をチェックしなければならない。更に機内サービスが有料、食事有料は当たり前だが、水や毛布 映画などのタブレットも有料なのだ!旅慣れた旅行客は入国審査後に水やサンドイッチを買ったり、薄手のジャンバーを用意したりタブレットを自分で持ってきたりと準備をしている。

格安航空会社はターミナルが別になっていることも多く、海外では安い体育館のようなところもあり休憩スペースも少ない!そんな場合でも近くにフードコートあることも多いのでそこで休憩が可能だ!

皆さん格安航空券を購入する前によく研究してね!

 

コメント